折りたたみ式のベビーチェアの選び方

遊ばせる時や食事をさせる場合など、さまざまな場面で役に立つベビーチェアの購入を考えているご家庭も多いでしょう。ただ、いろんなタイプがあるので、いくつかあるポイントを押さえておきたいものです。中でも折りたたみ式のベビーチェアを選ぶなら、注意が必要です。

・折りたたみ式のベビーチェアの注意点

使わない時は折りたたんでおくことで、スペースを取らないので便利です。ところが、広げる際には子供が手や足を挟んでしまわないように気をつけなければいけません。メーカーによっては安全装置がついているものや、折れる部分には指を入れる余地がない構造になっているものもあるため、心配ならそのようなベビーチェアを探しましょう。

また、何歳まで使うのかをあらかじめ考えて選ぶというのも良い方法です。比較的大きくなるまで使用するつもりなら、同じ折りたたみ式のベビーチェアの中でも、樹脂より木製のものにしておくと壊れにくいです。キャラクターの絵が描かれているものも子供が喜ぶのですが、時間の経過とともに剥げてくるタイプもあって、洋服が汚れたり塗料をなめたりするかもしれません。そのため、購入する前に店員さんに聞いておくか、同じベビーチェアを使用しているママ友から問題ないかをリサーチしておくと安心です。

ベビーチェアのハイタイプを選ぶ時のポイントは?

子どもが生まれて新しい家族が増えると、家の中の環境も子どもの成長に合わせて変わっていきます。生まれた子どもが少しずつ成長して出来ることが増えていくことは、家族にとっても大きな喜びになります。

子どもが座ってものを食べるようになったり、自分で食事を食べる練習がはじまると本格的に必要になるベビーチェアは、今では0歳から使えるものや、成長に合わせて形を変えていくタイプなど色々あります。動くようになると抱きながらではご飯をあげにくくなりますが、ベビーチェアを使うことで、椅子に座る・座って食べるという習慣をつけたり、食事もあげやすくなります。

・ベビーチェアを選ぶ際のポイント

購入時には、子どもや家族の生活環境に合わせて購入時期やタイプを選ぶことが大切です。ハイタイプのベビーチェアは、高めのテーブルで食事をしている家庭環境にマッチしています。高さが調節できるタイプも多く、家庭の机の高さに合わせて椅子を設置することが出来ます。また、ベルトや安全バーが着いているかも選ぶ際のポイントになります。子どもは急に立ち上がったり、予想外の動きをすることがありますが、椅子から落ちてしまうリスクを予防する事が出来ます。
その他のポイントとしては、ベビーチェアには対象年齢や体重などで使用可能期間が決まっており、その時期はそれぞれの商品で異なります。どの程度まで使用するかも考えた上で購入することが大切です。

ベビーチェアの人気ブランドを複数紹介

ベビーチェアのブランドは様々あり、定番から人気のものまで幅広いです。

①ストッケ トリップ トラップ

stokke-chair

独創的で高級ハイチェアの一つですが、もはや定番です。

カラーも数多く出ており、座る位置だけでなく、足板も高さの調整が可能で人気です。

 

②大和屋 すくすくスリムフィットチェア テーブル&ガードつき

yamatoya

省スペースで利用可能です。カスタムがとても便利で、工具不要です。

 

③マジカルチェア

smile

ベビーガードの取り外しが可能で、アジャスター付きです。

成長に合わせて、椅子の高さ調整も可能です。

 

④カトージ プレミアムベビーチェア

katogi-chair

13段階の細かい調整と60キロまで対応可能です。テーブルの周りにふちがありますので、食べ物がこぼれません。

 

⑤ネイキッズ キッズハイチェア

na-kids

ウレタン素材を採用しており、すわり心地が抜群です。更に汚れに強く、拭くだけできれいになります。

Amazonでの評価も★4.6(2017年8月調査時)と非常に高くなっております。

 

⑥ベビービョルン ハイチェア

ベビービョルン-チェア

スタイリッシュな見た目が近未来的です。

抱っこ紐で人気のベビービョルンですが、ベビーチェアも人気です。

人間工学に基づき製作されていますので、姿勢もサポートできます。

 

⑦カトージ ベビーチェア ボメ

高級感あふれる見た目がベビーチェアには見えません。テーブル付きで、テーブルを外すと大人用としても利用可能です。

赤ちゃんの為にもベビーチェアは必ず必要です。赤ちゃんが気に入る物を選んであげてください。