ベビーチェアはテーブル付きが良い?

ベビーチェアには様々なタイプがあります。

既存の大人用ダイニングチェアに取り付けて使えるタイプもあれば、
脚長で単体でダイニングテーブルの高さに届くハイタイプ、
テーブルが付いているタイプなどがあります。

では、購入するときはテーブルは付いていた方がいいのでしょうか。

・テーブル付きのメリット

まず、元々付属で付いていると赤ちゃんがダイニングテーブルをどんどん叩いたり、上にのっているお皿などをひっくり返す心配が要りません。また、付属で付いているならダイニングテーブルと高さを合わせなくても、すぐに使えます。

・テーブル付きのデメリット

みんなが使うテーブルからは距離が離れてしまうので、食べさせたりする時はすぐ近くに行かなければいけません。また、赤ちゃんが自分でしっかり食べられる頃には、付いていない方が同じ食卓を囲めるので、みんなで一緒に食べることができます。

 

このようにテーブル付きのベビーチェアにはメリット、デメリットがあります。後々のことを考えると付いていなくてもいいのですが、最初は付いている方が使いやすいという方もいます。そして、最近は取外し可能なタイプもあるので、この場合は必要な時だけ付けて使用し、成長するに従い、取り外して使うといった便利な使い方も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です